作成者別アーカイブ: 修司天野

米・合成生物学が提示するバイオディフェンスの脆弱性についての委員会

全米アカデミーズ(The National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine)は、米・国防総省(DOD)からの資金を受けて、合成生物学が提示するバイオディフェンスの脆弱性について議論するための委員会(Committee on Strategies for Identifying and Addressing Biodefence Vulnerabilities Posed by Synthetic Biology)を設置している。その第4回目の会合が、2017年7月6日、ワシントンD.C.で開催された。会合では、自然発生的な感染症に対応するための事前準備の強化が、合成生物学の悪用に備えることにもつながるという意見が出されていた。委員会での議論は、今後、米国政府が資金を提供する合成生物学の研究に影響を与える可能性がある。

The Pentagon Ponders the Threat of Synthetic Bioweapons

Wired Monday, July 10, 2017

https://www.wired.com/story/the-pentagon-ponders-the-threat-of-synthetic-bioweapons/

旧ソ連での炭疽のアウトブレイクについての記事

The National Interestに、旧ソ連で起きた炭疽のアウトブレイクについての記事が掲載されている。アウトブレイクは、生物兵器として開発された炭疽菌が研究施設から偶発的に漏洩したことによって起きたとされている。

The Story of the Deadly Anthrax Outbreak Russia Didn’t Want the World Discovering

The National Interest, Saturday, July 8, 2017

http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-story-the-deadly-anthrax-outbreak-russia-didnt-want-the-21471

カナダの研究グループ、天然痘と近縁のウイルスを合成

カナダの研究グループは、メールオーダーでDNA断片を注文して、天然痘と近縁のウイルスである馬痘(horse pox)ウイルスを人工的に合成した。その費用は、約10万ドルである。研究は正当な目的で行われたものであるが、敵意ある国家やテロ組織が、同じ方法で天然痘ウイルスを合成することが懸念されている。

Canadian group creates poxvirus, prompting dual-use discussion

CIDRAP Friday, July 7, 2017

http://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2017/07/canadian-group-creates-poxvirus-prompting-dual-use-discussion

 

How Canadian researchers reconstituted an extinct poxvirus for $100,000 using mail-order DNA

Science Thursday, July 6, 2017

http://www.sciencemag.org/news/2017/07/how-canadian-researchers-built-poxvirus-100000-using-mail-order-dna

妊娠時の炭疽ワクチン接種の安全性について

妊娠時に誤って炭疽ワクチンを接種した場合の胎児への影響についての論文が、Vaccineに掲載されている。論文では、妊娠時の炭疽ワクチンの接種によって、個々の出生異常のリスクは上がらないと結論づけられている。

Safety of Inadvertent Anthrax Vaccination during Pregnancy: An Analysis of Birth Defects in the US Military Population, 2003-2010

Vaccine, 2017

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264410X17308095

ペスト菌を用いたバイオテロの可能性について

CBW Magazineに、ペスト菌(Y. pestis)が大規模なバイオテロ攻撃に使用される可能性についての記事が掲載されている。ペスト菌の保有宿主となる動物は数多く存在するため、フィールドワークの経験が豊富な研究者であれば、自然環境からペスト菌を入手することができる。また、ペスト菌の培養や分離は、標準的な手順で行うことができる。しかし、ペスト菌の兵器化には、高度な知識と技術が必要になるため、大規模なバイオテロ攻撃に用いられる可能性は低いと、記事は結論づけている。

Yersinia pestis, Biological Warfare, and Bioterrorism

CBW Magazine, June, 2017

http://www.idsa.in/cbwmagazine/yersinia-pestis-biological-warfare-and-bioterrorism#footnote2_qeaza8z

経鼻投与型の炭疽菌ワクチン、臨床前毒性研究へ

ナノ・バイオ社(NanoBio Corporation)は、経鼻投与型の炭疽菌ワクチンの臨床前毒性研究を行うと発表した。新しいワクチンは、従来のワクチンよりも少ない投与量で高い効果が得られることが期待されている。臨床前毒性研究のあと、フェーズ1の臨床試験が行われる予定である。

Intranasal Anthrax Vaccine Approved to Advance into a Pre-clinical Toxicology Study

Outbreak News Today Monday, June 19, 2017

http://outbreaknewstoday.com/intranasal-anthrax-vaccine-approved-advance-pre-clinical-toxicology-study-73690/

米・予算案、バイオディフェンス関連予算を大幅削減

米・トランプ政権が示した2018年度の予算案では、バイオディフェンス関連予算が大幅に削減されている。米・疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)の予算は17%カット、米・国立アレルギー・感染症研究所の予算も18%カットとなった。

州や地域の事前準備をサポートする公衆衛生緊急時事前準備(Public Health Emergency Preparedness:PHEP)連携協定の予算は100万ドル削減、医療機関の救急医療の向上に資する病院事前準備プログラム(Hospital Preparedness Program:HPP)の予算も11%カットになっている。

国立バイオディフェンス分析および対策センター(National Biodefense Analysis and Countermeasures Center:NBACC)には、予算がついていないため、閉鎖となる可能性がある。NBACCは、事前準備計画の策定やインテリジェンス評価、バイオ法医学分析(bio-forensic analysis)のサポートを行う機関である。

How Trump’s Global Health Budget Endangers Americans

The Conversation Wednesday, June 7, 2017

https://theconversation.com/how-trumps-global-health-budget-endangers-americans-78171

Cuts to US Bioterror Funds Risk Peril in Event of Attack

The Hill Tuesday, June6, 2017

http://thehill.com/blogs/pundits-blog/healthcare/336565-cuts-to-us-bioterror-funds-risk-peril-in-event-of-attack

How Trump’s Budget Makes Us All Vulnerable to Bioterrorism

The Hill Wednesday, May 31, 2017

http://thehill.com/blogs/pundits-blog/homeland-security/335813-how-the-trumps-budget-makes-us-all-vulnerable-to?rnd=1496258552

Delaney Statement on Potential Closing of National Biodefense Analysis and Countermeasures Center

Global Biodefense Tuesday, May 30, 2017

https://globalbiodefense.com/2017/05/30/delaney-statement-potential-closing-national-biodefense-analysis-countermeasures-center-frederick/?utm_campaign=coschedule&utm_source=twitter&utm_medium=GlobalBioD&utm_content=Delaney%20Statement%20on%20Potential%20Closing%20of%20National%20Biodefense%20Analysis%20and%20Countermeasures%20Center

Trump’s Proposed Budget Cuts Trouble Bioterrorism Experts

The New York Times Sunday, May 28, 2017

https://www.nytimes.com/2017/05/28/us/politics/biosecurity-trump-budget-defense.html?smid=tw-share&_r=1

米国のバイオディフェンスについての記事

Lawfareに、「Biodefense: Coordinating Our Response to Deadly Disease」というタイトルの記事が掲載されている。記事では、米国のバイオテロに備えるための事前準備がいまだ不十分であると指摘されている。また、トランプ政権下で、バイオディフェンスの強化が進められることが期待されている。

Biodefense: Coordinating Our Response to Deadly Disease

Lawfare Thursday, May 18, 2017

https://www.lawfareblog.com/biodefense-coordinating-our-response-deadly-disease

BWCの会期間会合について

生物兵器禁止条約(BWC)では、2003年から会期間会合が開催されている。会期間会合では、BWCと関連のある議題について共通理解と実行措置を促進するための議論が行われてきた。しかし、2016年の第8回運用検討会議以降は、2017年12月の締約国会合の開催が合意されているだけで、その後の会期間会合については決まっていない。Bulletin of the Atomic Scientistに掲載されている記事は、2017年12月の締約国会合で、会期間会合の機能を強化するための合意形成が必要であると指摘している。

Make the Bioweapons Treaty Work

Bulletin of the Atomic Scientist Monday, May 8, 2017

http://thebulletin.org/make-bioweapons-treaty-work10755

北朝鮮の生物兵器について

現在、各国のメディアでは、北朝鮮の核兵器とミサイルについての話題が頻繁に取り上げられている。ハフポストの記事は、北朝鮮が、化学兵器、生物兵器およびナノ兵器(nanoweapons)を保有している可能性が高いと指摘している。記事によると、北朝鮮の生物兵器には、炭疽菌、天然痘およびコレラが含まれる。

North Korea’s Chemical Weapons, Biological Weapons, and Nanoweapons

Huff Post Tuesday, May 2, 2017

http://www.huffingtonpost.com/entry/north-koreas-chemical-weapons-biological-weapons_us_59055bfae4b05279d4edbcd4