英国ウイルトンパーク報告書:意図的生物剤撒布への対応

国際会議”意図的生物剤散布への対処:効果的で調和された国際的な行動のための要件”
Responding to deliberate biological release: the requirements for effective, coordinated international action 報告書

近年、生物兵器禁止条約(BWC)の中でも第7条が定める「発生時の支援」に関連する議論が活発になっている。第7条の実施強化は,2012-2015の会期間活動の中でも、2014・2015年の2カ年議題として取り扱われてきた。さらに、シリアでの度重なる化学兵器の使用は、効果的な国際的支援の困難さを浮き彫りにするとともに、事前準備の必要性が認識された。期せずして発生した2014-2015年の西アフリカのエボラウイルス病アウトブレイクでも国際社会の準備不足を露呈した。第7条を実施するにあたっては、さらに様々な関係機関の協調的活動には困難が予想され、現実的な法的、ロジ、運用等課題があることが認識されている。

すでに2016年にWilton Parkではエボラ対応の教訓について会議が開催され検討がなされており、これが意図的な散布であった場合には非常に状況が複雑になることはすでに指摘されている。第8回BWC検討会合でも議論されたが具体的な合意には至らなかったものの、「対応能力が事前に必要」と述べ、会期間活動で指摘された必要要件を強調している。グローバルパートナーシップのバイオセキュリティWGやGHSAのパッケージの対応2でも優先事項となっている。

9月末に行われたこの会議は、これらの取り組みを支援し、国際的な対応協調がどうすれば効果的になるか、実務志向の明確な提言を作成するために行われた。本会議は英国外務省の執行組織であり、安全保障領域を含めた数多くの国際会議をホストするWilton ParkとGlobal Affairs Canadaとジョージタウン大学グローバルヘルス科学・安全保障センターの共催により行われ、このたび、その報告書がウェッブに公開された。

意図的生物剤撒布に対しては、感染症アウトブレイクの多様性、主担当となる国際機関の欠如、多数存在する関係者の役割や責任が定まっていない、BWCにおける対応調整能力の欠如、第7条に基づく支援要請プロセスや支援内容が不明確であること、軍の役割に関する懸念(エボラの発生時に軍がアウトブレイクの支援に出ていた事例があるが、そのような「自然発生」と考えられている状況が「意図的撒布の疑いあり」という状況に変わった時、その場に居る軍隊は微妙な立ち位置に立たされる、という懸念)、対応手順(SOPs)の欠如など、様々なチャレンジが存在していることを指摘し、専門家や関係機関によるワーキンググループを組織し、これらの解決策を検討すべきと提言している。また、公衆衛生と法執行機関の情報共有や、各国の既存のCBRN対応手順の国際対応への応用、chain of custodyを維持しながらの検体のパッケージングや輸送手順の整備等を提言している。

Responding to deliberate biological release: the requirements for effective, coordinated international action (WP1556)

2017年BWC締約国会合開催

2017年12月4日から8日にかけて、生物兵器禁止条約(BWC)の締約国会合が開催された。会合では、2021年の第9回運用検討会議に向けて、会期間プログラムをどのように進めるかということに焦点が当てられた。議論を通じて、2018年から2020年にかけて、締約国会合に加えて、専門家会合が開催されることとなった。専門家会合で話し合われる議題は、下記の5つである。

  1. Cooperation and assistance, with a particular focus on strengthening cooperation and assistance under Article X(第10条に基づく国際協力・支援)
  2. Review of developments in the field of science and technology related to the Convention(科学技術の進展のレビュー)
  3. Strengthening national implementation(国内実施強化)
  4. Assistance, response and Preparedness(支援、対応、事前準備)
  5. Institutional strengthening of the Convention(条約の制度的な強化)

Meeting of States Parties (4-8 December 2017)

UNOG Saturday, December 9, 2018

https://www.unog.ch/unog/website/disarmament.nsf/(httpPages)/9E2CF761A08A5E68C12581EE00318FA5?OpenDocument

バイオテロ対策のための訓練に住民から不安の声

米・国土安全保障省(DHS)は、オクラホマ州のNewkirkという町で、バイオテロに対応するための訓練を行うと発表した。訓練では、化学物質の散布が行われることになっている。DHSは、化学物質が無害であると説明しているが、住民のあいだでは不安の声があがっている。

Oklahoma Border Town Leery of Planned Bioterror Test

U.S. News Friday, December 8, 2018

https://www.usnews.com/news/best-states/kansas/articles/2017-12-08/oklahoma-border-town-leery-of-planned-bioterror-test

米・DHS、CWMDオフィスの創設を発表

米・国土安全保障省(DHS)は、大量破壊兵器対策(Countering Weapons Mass Destruction:CWMD)オフィスの創設を発表した。CWMDオフィスの役割は、大量破壊兵器を用いた攻撃に備えるためのDHSのさまざまな取組みを統合することである。

Secretary Nielsen Announces the Establishment of the Countering Weapons of Mass Destruction Office

Homeland Security Thursday, December 7, 2018

https://www.dhs.gov/news/2017/12/07/secretary-nielsen-announces-establishment-countering-weapons-mass-destruction-office

Tangen BioScience社、炭疽の診断技術で320万ドルの助成金を受給

Tangen BioScience社は、炭疽の診断技術であるTangenDxTM Systemの開発のために米・生物医学先端研究開発局(BARDA)から320万ドルの助成金を受給することになった。TangenDxTM Systemでは、約15分で、炭疽菌に感染しているかどうかを診断できるようになる可能性がある。

Tangen BioSciences’ Anthrax Diagnostic Awarded 3.2M BARDA Contract

Global Biodefense Monday, November 27, 2017

https://globalbiodefense.com/2017/11/27/tangen-biosciences-anthrax-diagnostic-awarded-3-2m-barda-contract/

ヨーロッパの専門家、ドローンによる生物兵器散布の可能性に言及

ヨーロッパのテロ対策の専門家であるGilles de Kerchove氏が、ISISがドローンを使って致死的なウイルスを散布する可能性があるとロンドンの会議で言及した。アルカイダやISISなどのテロ組織は、すぐに自宅で生物兵器を製造するようになるであろうと警鐘を鳴らしている。

Isis ‘will use drones to spread deadly viruses’, warns EU security chief

EveningStandard Friday, November 24, 2017

https://www.standard.co.uk/news/world/isis-will-use-drones-to-spread-deadly-viruses-warns-eu-security-chief-a3700506.html

 

生物兵器の脅威を評価するための方法について

生物兵器の原材料になりうる生物剤・毒素は、数多く存在する。しかし、それぞれの生物剤・毒素が、生物兵器として使用される脅威の大きさを評価するのは、簡単ではない。Military Medicineに、そのような評価を行うための方法についての論文が掲載されている。

Beyond the Dirty Dozen: A Proposed Methodology for Assessing Future Bioweapon Threats

Military Medicine Tuesday, November 21, 2017

https://academic.oup.com/milmed/advance-article/doi/10.1093/milmed/usx004/4644219

米・FDA、ACAM2000の国内工場での製造を承認

米・食品医薬品局(FDA)は、天然痘ワクチンACAM2000をEmergent Biosolutions社の国内工場で製造することを承認した。Emergent Biosolutions社は、2018年からACAM2000の製造を開始し2019年までに1,600万ドル分の納品を完了する。

Emergent BioSolutions’ US Smallpox Vaccine Plant Wins FDA Nod as Company Chases $1B Sales Target

FiercePharma Monday, November 20, 2017

https://www.fiercepharma.com/vaccines/canton-site-to-contribute-to-emergent-biosolutions-1b-sales-target

米・GAO、高度安全実験施設についての報告書を公開

米国では、危険性の高い病原体が指定生物剤(Select Agents)に分類されている。米・政府説明責任局(Government Accountability Office:GAO)は、指定生物剤を扱う実験施設についての報告書を公開した。報告書には、実験施設の監視体制を強化するための12の勧告が示されている。

High-containment Laboratories: Coordinated Actions Needed to Enhance the Select Agent Program’s Oversight of Hazardous Pathogens

Government Accountability Office Monday, October 31, 2017

http://www.gao.gov/products/GAO-18-145

米・CDC、GHSAに貢献するための活動

米・疾病対策予防センター(CDC)は、グローバル・ヘルス・セキュリティ・アジェンダ(Global Health Security Agenda:GHSA)に貢献するための活動を17の国で行っている。その活動についての記事が、Emerging Infectious Diseasesに掲載されている。GHSAは、国際保健規則(International Health Regulations:IHR)に基づいてキャパシティ・ビルディングを促進するための国際的なイニシアチブである。

Contributions of the US Centers for Disease Control and Prevention in Implementing the Global Health Security Agenda in 17 Partner Countries

Emerging Infectious Diseases, November, 2017

https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/23/13/17-0898_article