カテゴリー別アーカイブ: バイオテロリズム

炭疽とペスト、両方に効果があるワクチンの研究

炭疽とペストの両方に効果があるワクチンの研究についての記事が、Live Scienceに掲載されている。ワクチンは、マウス、ラット、うさぎを用いた実験で、高い効果を示したと記事は伝えている。

Anthrax & Plague: How 1 Vaccine Could Protect Against 2 Bioterror Threats

Live Science Friday, August 11, 2017

https://www.livescience.com/60118-anthrax-plague-vaccine.html

Emergent Biosolutions社、バイオディフェンス関連事業への投資を拡大

Emergent Biosolutions社は、炭疽ワクチンBioThraxを供給する企業として知られている。同社は、天然痘ワクチンに関連する権利をSanofi社から9,750万ドルで買い取ることで合意した。その5日後、グラクソ・スミスクライン社から、吸入炭疽の治療に用いる抗体Raxibacumabに関連する権利を9,600万ドルで買い取っている。Emergent Biosolutions社は、生物兵器や感染症の脅威の高まりを受けて、バイオディフェンス関連事業への投資を拡大している。

Why a Biodefense Firm is Going on a Spending Spree

Washington Post Monday, July 21, 2017

https://www.washingtonpost.com/news/capital-business/wp/2017/07/21/why-a-biodefense-firm-is-going-on-a-spending-spree/?utm_term=.ac9903a8d3cb

ペスト菌を用いたバイオテロの可能性について

CBW Magazineに、ペスト菌(Y. pestis)が大規模なバイオテロ攻撃に使用される可能性についての記事が掲載されている。ペスト菌の保有宿主となる動物は数多く存在するため、フィールドワークの経験が豊富な研究者であれば、自然環境からペスト菌を入手することができる。また、ペスト菌の培養や分離は、標準的な手順で行うことができる。しかし、ペスト菌の兵器化には、高度な知識と技術が必要になるため、大規模なバイオテロ攻撃に用いられる可能性は低いと、記事は結論づけている。

Yersinia pestis, Biological Warfare, and Bioterrorism

CBW Magazine, June, 2017

http://www.idsa.in/cbwmagazine/yersinia-pestis-biological-warfare-and-bioterrorism#footnote2_qeaza8z

経鼻投与型の炭疽菌ワクチン、臨床前毒性研究へ

ナノ・バイオ社(NanoBio Corporation)は、経鼻投与型の炭疽菌ワクチンの臨床前毒性研究を行うと発表した。新しいワクチンは、従来のワクチンよりも少ない投与量で高い効果が得られることが期待されている。臨床前毒性研究のあと、フェーズ1の臨床試験が行われる予定である。

Intranasal Anthrax Vaccine Approved to Advance into a Pre-clinical Toxicology Study

Outbreak News Today Monday, June 19, 2017

http://outbreaknewstoday.com/intranasal-anthrax-vaccine-approved-advance-pre-clinical-toxicology-study-73690/

米・予算案、バイオディフェンス関連予算を大幅削減

米・トランプ政権が示した2018年度の予算案では、バイオディフェンス関連予算が大幅に削減されている。米・疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)の予算は17%カット、米・国立アレルギー・感染症研究所の予算も18%カットとなった。

州や地域の事前準備をサポートする公衆衛生緊急時事前準備(Public Health Emergency Preparedness:PHEP)連携協定の予算は100万ドル削減、医療機関の救急医療の向上に資する病院事前準備プログラム(Hospital Preparedness Program:HPP)の予算も11%カットになっている。

国立バイオディフェンス分析および対策センター(National Biodefense Analysis and Countermeasures Center:NBACC)には、予算がついていないため、閉鎖となる可能性がある。NBACCは、事前準備計画の策定やインテリジェンス評価、バイオ法医学分析(bio-forensic analysis)のサポートを行う機関である。

How Trump’s Global Health Budget Endangers Americans

The Conversation Wednesday, June 7, 2017

https://theconversation.com/how-trumps-global-health-budget-endangers-americans-78171

Cuts to US Bioterror Funds Risk Peril in Event of Attack

The Hill Tuesday, June6, 2017

http://thehill.com/blogs/pundits-blog/healthcare/336565-cuts-to-us-bioterror-funds-risk-peril-in-event-of-attack

How Trump’s Budget Makes Us All Vulnerable to Bioterrorism

The Hill Wednesday, May 31, 2017

http://thehill.com/blogs/pundits-blog/homeland-security/335813-how-the-trumps-budget-makes-us-all-vulnerable-to?rnd=1496258552

Delaney Statement on Potential Closing of National Biodefense Analysis and Countermeasures Center

Global Biodefense Tuesday, May 30, 2017

https://globalbiodefense.com/2017/05/30/delaney-statement-potential-closing-national-biodefense-analysis-countermeasures-center-frederick/?utm_campaign=coschedule&utm_source=twitter&utm_medium=GlobalBioD&utm_content=Delaney%20Statement%20on%20Potential%20Closing%20of%20National%20Biodefense%20Analysis%20and%20Countermeasures%20Center

Trump’s Proposed Budget Cuts Trouble Bioterrorism Experts

The New York Times Sunday, May 28, 2017

https://www.nytimes.com/2017/05/28/us/politics/biosecurity-trump-budget-defense.html?smid=tw-share&_r=1

米国のバイオディフェンスについての記事

Lawfareに、「Biodefense: Coordinating Our Response to Deadly Disease」というタイトルの記事が掲載されている。記事では、米国のバイオテロに備えるための事前準備がいまだ不十分であると指摘されている。また、トランプ政権下で、バイオディフェンスの強化が進められることが期待されている。

Biodefense: Coordinating Our Response to Deadly Disease

Lawfare Thursday, May 18, 2017

https://www.lawfareblog.com/biodefense-coordinating-our-response-deadly-disease

カナダ・Tonix社、新しい天然痘の生ワクチンを開発

カナダの製薬企業Tonix社は、天然痘ウイルスに効果のある新しい生ワクチンTNX-801を開発した。馬痘ウイルスをベースとするTNX-801は、牛痘ウイルスをベースとする従来の天然痘ワクチンよりも毒性が低い可能性がある。今後、規制当局からの許可が出れば、アニマル・ルールに基づく動物実験が行われることになる。

Biodefense: Canada Develops Novel Live Virus Smallpox Vaccine from Horsepox

Biopharma-Reporter.com Tuesday, March 7, 2017

http://www.biopharma-reporter.com/Bio-Developments/Biodefense-Canada-develops-novel-live-virus-smallpox-vaccine

大規模イベントにおけるCBRNセキュリティ

多くの人が密集するイベント会場で、CBRN(化学、生物、核・放射性物質)テロが起きれば、その被害は甚大なものになる可能性がある。CBRNePortalに、そのような事態に備えるための事前準備についての記事が掲載されている。

CBRN Security For High Visibility Events

CBRNePortal Monday, March 27, 2017

http://www.cbrneportal.com/cbrn-security-for-high-visibility-events/

アニマル・ルールに基づく医薬品の投与量の決定方法

バイオテロ対策に用いられる医薬品の研究開発では、倫理的あるいは現実的な問題から、ヒトでの臨床試験ができない場合が多くある。その場合、米国では、食品医薬品局(FDA)が定めるアニマル・ルールに従って動物実験が行われる。FDAは、その動物実験の結果に基づいて、医薬品を承認することができる。

Journal of Pharmacokinetics and Pharmacodynamicsに、動物実験の結果から、どのようにヒトへの医薬品の投与量を決定するかについての論文が掲載されている。論文には、モデリングやシミュレーションを用いて、動物実験の結果を、人に置き換えて解釈する方法が示されている。

Modeling and Simulation in Dose Determination for Biodefense Products Approved Under the FDA Animal Rule

Journal of Pharmacokinetics and Pharmacodynamics Wednesday, March 15, 2017

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10928-017-9516-2

ロシア、WMD不拡散における課題

Bulletin of the Atomic Scientistsに、ロシアにおける大量兵器(WMD)不拡散の取組みの必要性についての記事が掲載されている。記事によると、ロシアでは、非国家主体によるWMD攻撃の脅威が高まっているという。ソ連崩壊から現在まで、軍事施設や原子力発電所などもっとも機密性の高いインフラの安全性が確保されてきたが、今後は、民間の研究施設、研究センター、大学、および病院などでの安全性の確保が課題であると記事は伝えている。

Weapons of Mass Destruction: The Russian Challenge

Bulletin of the Atomic Scientists Monday, March 6, 2017

http://thebulletin.org/weapons-mass-destruction-russian-challenge10596