カテゴリー別アーカイブ: emerging diseases

Global Health Security 2019 演題募集開始

来年6月にシドニーで開催される国際会議”Global Health Security 2019″の演題募集が開始した。

以下のテーマの演題募集が行われている。

Themes

The Program Committee invites abstracts in the following themes;

  1. Health Emergencies: Preparedness & Management
    1. Surveillance and outbreak response
    2. Health crises & disasters
    3. International Health Regulations
  2. Emerging Threats & Challenges
    1. Antimicrobial resistance
    2. Zoonotic pathogens
    3. Gain-of-function/deliberate events
  3. Partnerships for Global Health Security
    1. Global health & the private sector
    2. Security sector engagement
    3. Civil society participation
  4. Governance & Financing for Global Health Security
    1. Sustainable financing for global health security
    2. Institutional innovation
    3. Health system strengthening & resilience
  5. New Technologies & Approaches for Global Health Security
    1. Biotechnology
    2. Medical countermeasures
    3. Non-clinical interventions

 

米保健福祉省、高度感染性疾患の患者搬送演習を実施

米保健福祉省は、4月12日〜13日に感染性患者の大規模移動演習を実施した。以前に西アフリカからの患者移送演習も行われているが、今回は米国内で小児を含む7人のエボラ出血熱様の患者を搬送する訓練が行われた。検体の輸送、診断も併せて行われている。

HHS sponsors its largest exercise for moving patients with highly infectious diseases 

Clade X: パンデミック演習

米国ジョンズホプキンス大学ヘルスセキュリティセンターが、ハイレベルの戦略的意思決定をテストするためのパンデミック演習Clade Xを5月15日に実施する。同センターは過去にもDark Winter やAtlantic Stormといった同様の演習を行ってきており、政府高官経験者らがプレーヤーとして参加している。演習の模様は、Facebook動画でも視聴可能である。

 

ナイジェリアでのサル痘アウトブレイクの報告

Emerging Infectious Disease誌にナイジェリアでの1978年以来のサル痘アウトブレイク事例が報告されている。14州から146例の疑い例と42例の確定例が報告されている。特徴的な皮疹の写真も掲載されている。

Ahead of Print -Reemergence of Human Monkeypox in Nigeria, 2017 – Volume 24, Number 6—June 2018 – Emerging Infectious Disease journal – CDC https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/24/6/18-0017_article

 

米・トランプ政権、国家安全保障戦略を発表

米・トランプ政権は、国家安全保障戦略(NSS)を発表した。NSSは、意図的、偶発的、あるいは自然発生的な感染症のアウトブレイクの脅威が高まっていると指摘している。その脅威を低減するための優先行動として、発生源における生物学的脅威の検知および封じ込め、生物医学イノベーションのサポート、緊急時対応の改善の3つを挙げている。

A New National Security Strategy for a New Era

The White House Monday, December 18, 2017

https://www.whitehouse.gov/articles/new-national-security-strategy-new-era/

米・CDC、GHSAに貢献するための活動

米・疾病対策予防センター(CDC)は、グローバル・ヘルス・セキュリティ・アジェンダ(Global Health Security Agenda:GHSA)に貢献するための活動を17の国で行っている。その活動についての記事が、Emerging Infectious Diseasesに掲載されている。GHSAは、国際保健規則(International Health Regulations:IHR)に基づいてキャパシティ・ビルディングを促進するための国際的なイニシアチブである。

Contributions of the US Centers for Disease Control and Prevention in Implementing the Global Health Security Agenda in 17 Partner Countries

Emerging Infectious Diseases, November, 2017

https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/23/13/17-0898_article

JEEについての論文

合同外部評価(Joint External Evaluation:JEE)についての論文が、「Emerging Infectious Diseases」に掲載されている。JEEは、国際保健規則(International Health Regulations:IHR)で規定されているコア・キャパシティの19の技術的な部分を評価するためのプロセスである。JEEは、IHRのフレームワークとグローバル・ヘルス・セキュリティ・アジェンダ(Global Health Security Agenda:GHSA)の評価ツールを統合することによって、2016年に創設された。7月19日の時点で、52の国がJEEを受けている。2017年末までに、さらに25の国が、JEEを受ける予定である。

Joint External Evaluation—Development and Scale-Up of Global Multisectoral Health Capacity Evaluation Process

Emerging Infectious Diseases, November 2017

https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/23/13/17-0949_article

米・HHS、エボラ出血熱に効果のあるワクチンと治療薬を備蓄

米・保健福祉省(HHS)は、プロジェクト・バイオシールドの資金を使って、エボラ出血熱に効果のある2つのワクチンと2つの治療薬を戦略的国家備蓄(SNS)に加えると発表した。

Project BioShield Adds Ebola Vaccines, Drugs to US Stockpile

CIDRAP Monday, October 2, 2017

http://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2017/10/project-bioshield-adds-ebola-vaccines-drugs-us-stockpile

第3回バイオセキュリティ研究会「感染症危機管理の人材育成」の会議録を公開しました。

第3回バイオセキュリティ研究会:テーマ「感染症危機管理の人材育成」の会議録を作成しましたので公開いたします。

プログラム

演題1:バイオセキュリティと求められる人材像
齋藤 智也 国立保健医療科学院健康危機管理研究部

公衆衛生分野における感染症危機管理人材の育成は急務である一方、バイオセキュリティの分野は、旧来の分野に止まらない学際的な領域に成長しつつあり、多様性のある人材が求められている。バイオセキュリティの関係領域や教育プログラムを紹介しつつ、求められる人材像を考察する。

演題2:厚生労働省感染症危機管理専門家養成プログラムIDES)の経験

2014~2015年の西アフリカにおけるエボラウイルス病流行を契機に、感染症危機管理のスペシャリスト養成を目的とする「感染症危機管理専門家養成プログラム(通称IDES (アイデス))」が2015年に開始した。感染症危機管理に求められる、感染症疾患に対する臨床経験に加え、行政知識、国際調整能力等、総合的な知識と経験を得るべく、国内外の関係機関での修練を積む2年間のプログラムである。この度プログラムを終えた第1期生4名ののうちの2名に、プログラムで得られた経験をお話し頂き、本分野の人材育成のあり方について議論を深めたい。

演題2-1: GAVIワクチンアライアンスでの経験
氏家 無限 国立国際医療研究センター国際感染症センター

2015年度より開始された感染症危機管理専門家養成プログラムを通じて、Gaviワクチンアライアンスにおいて低所得国でのワクチンプログラムの導入に関する職務を経験した。プログラムを通じて、感染症危機管理の観点から感染症危機管理専門家養成プログラム及びGaviワクチンアライアンスの概要を紹介するとともに、今後の課題について検討する。

演題2-2: 米国保健福祉省での経験
杉原 淳  厚生労働省大臣官房厚生科学課長補佐
感染症危機管理専門家養成プログラムを通して、米国保健福祉省疾病対策予防センターでの公衆衛生危機管理フェローシップ、事前準備対応次官補局での厚生労働省とのリエゾン業務を経験した。米国の公衆衛生危機管理施策は、国家安全保障の一部として位置付けられ、幅広い領域を巻き込み発展しており、新政権においても重要課題の一つに位置付けられている。米国の公衆衛生危機管理及び日本の課題、本領域における今後の日米協力の方向性について検討する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(7MB, pdf)

ビル・ゲイツ、生物学的脅威に警鐘

ビル・ゲイツは、ミュンヘン安全保障会議で、生物学的脅威に警鐘を鳴らした。「人為的、あるいは自然発生的であるかは定かではないが、私たちが生きているうちに致死的なパンデミックが起きるであろう」と発言していた。ビル・ゲイツは、戦争の準備をするのと同じように感染症の準備をすることを提案している。

When Nature is a Terrorist

Washington Post Thursday, February 23, 2017

https://www.washingtonpost.com/opinions/when-nature-is-a-terrorist/2017/02/23/57bed82e-f942-11e6-bf01-d47f8cf9b643_story.html?utm_term=.27d81cb7fdb4

Bill Gates Warns of Epidemic That Could Kill Over 30 Million People

Forbes Saturday, February 19, 2017

https://www.forbes.com/sites/brucelee/2017/02/19/bill-gates-warns-of-epidemic-that-will-kill-over-30-million-people/#7fcb75a5282f

Bill Gates: Bioterrorism Could Kill More Than Nuclear War – but No One Is Ready to Deal with It

Washington Post Saturday, February 18, 2017

https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2017/02/18/bill-gates-bioterrorism-could-kill-more-than-nuclear-war-but-no-one-is-ready-to-deal-with-it/?utm_term=.32939cffa13d&wpisrc=nl_evening&wpmm=1