カテゴリー別アーカイブ: 天然痘

馬痘ウイルス合成のリスクと利益の総体的な評価

馬痘ウイルス合成についての論文が出版されたという記事を以前ブログで紹介した(関連記事は、こちら)。その論文の内容をもとに、馬痘ウイルス合成のリスクと利益を総体的に評価した論文が、mSphereに掲載されている。

mSphereの論文では、全米アカデミーズが作成したフレームワークを使って、悪意あるアクターが、馬痘ウイルス合成の技術を使用する可能性について分析している(関連記事は、こちら)。

A Holistic Assessment of the Risks and Benefits of the Synthesis of Horsepox Virus

mSphere Wednesday, March 7, 2018

http://msphere.asm.org/content/3/2/e00074-18#sec-3

IMVAMUNE、フェーズⅢの臨床試験

ババリアン・ノルディック(Bavarian Nordic)は、天然痘ワクチンIMVAMUNEの安全性と効果を確かめるためのフェーズⅢの臨床試験に成功したと発表した。すでに米国でライセンスを取得している天然痘ワクチンACAM2000は、アトピー性皮膚炎やHIVの患者には使用することができない。しかし、IMVAMUNEは、そのような患者にも使用できる可能性があるといわれている。

USAMRIID-Bavarian Nordic Smallpox Vaccine Phase 3 Study

Global Biodefense Monday, February 19, 2018

https://globalbiodefense.com/2018/02/19/usamriid-leads-successful-smallpox-vaccine-study/

米・FDA、天然痘の治療薬を優先レビューに指定

米・食品医薬品局(FDA)は、天然痘の治療薬、TPOXXを優先レビューに指定した。TPOXXは、経口投与の抗ウイルス薬である。優先レビューに指定されると、医薬品の承認プロセスが優先的に進められることになる。TPOXXは、FDAのアニマルルールに基づいて、開発された。

現在のところ、FDAの承認を受けた天然痘の治療薬はない。米・生物医学先端研究開発局(BARDA)は、まだ承認を受けていないTPOXXを200万人分購入し、戦略的国家備蓄(SNS)に備蓄している。

Treatment for Smallpox Gets FDA Priority Review

MPR Wednesday, February 7, 2018

https://www.empr.com/drugs-in-the-pipeline/smallpox-tpoxx-tecovirimat-siga-barda/article/742601/

馬痘ウイルスの人工合成についての論文

メールオーダーのDNA断片を用いて、天然痘ウイルスと近縁の馬痘(horse pox)ウイルスを人工的に合成する研究についての論文が、PLoS Oneに掲載されている。PLoS Oneは、研究がもたらす利益がリスクを上回ると説明している。今回の論文の掲載は、デュアル・ユース問題についての新たな懸念を示すものとして、多くのメディアで取り上げられている。

Step-by-step horsepox study stokes dual-use controversy

CIDRAP Tuesday, January 23, 2018

http://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2018/01/step-step-horsepox-study-stokes-dual-use-controversy

Horsepox Research Accentuates Urgency for Global Action to Reduce Biological Risks

NTI Monday, January 22, 2018

http://www.nti.org/analysis/atomic-pulse/horsepox-research-accentuates-urgency-global-action-reduce-biological-risks/

The Synthesis of Horsepox Virus and the Failure of Dual-use Research Oversight

The Pandora Report Saturday, January 20, 2018

https://pandorareport.org/2018/01/20/the-synthesis-of-horsepox-virus-and-the-failure-of-dual-use-research-oversight/

A Paper Showing How to Make a Smallpox Cousin Just Got Published. Critics Wonder Why

Science Friday, January 19, 2018

http://www.sciencemag.org/news/2018/01/paper-showing-how-make-smallpox-cousin-just-got-published-critics-wonder-why

 

米・FDA、ACAM2000の国内工場での製造を承認

米・食品医薬品局(FDA)は、天然痘ワクチンACAM2000をEmergent Biosolutions社の国内工場で製造することを承認した。Emergent Biosolutions社は、2018年からACAM2000の製造を開始し2019年までに1,600万ドル分の納品を完了する。

Emergent BioSolutions’ US Smallpox Vaccine Plant Wins FDA Nod as Company Chases $1B Sales Target

FiercePharma Monday, November 20, 2017

https://www.fiercepharma.com/vaccines/canton-site-to-contribute-to-emergent-biosolutions-1b-sales-target

米・BARDA、天然痘ワクチンの製造と保管に5億3900万ドルを提供

米・生物医学先端研究開発局(BARDA)は、凍結乾燥の天然痘ワクチンImvamuneの製造および保管に向けて、最大で5億3900万ドルの資金を提供する契約をBavarian Nordic社と交わした。今回の契約によって、Imvamuneの製造キャパシティが大幅に向上することが期待される。

Bavarian Nordic Wins Up-to-$539M BARDA Contract for Smallpox Vaccine

GEN News Highlights Thursday, September 28, 2017

http://www.genengnews.com/gen-news-highlights/bavarian-nordic-wins-up-to-539m-barda-contract-for-smallpox-vaccine/81254984

天然痘ウイルスの人工合成を防ぐための方策についての論文

Health Securityに、「新しい馬痘ウイルスの合成:バイオセキュリティへのインプリケーションおよび天然痘の再出現を防ぐための勧告(The De Novo Synthesis of Horsepox Virus: Imprecations for Biosecurity and Recommendations for Preventing the Reemergence of Smallpox)」と題する論文が掲載されている(関連記事は、こちら)。論文では、天然痘ウイルスが人工的に合成されるのを防ぐために国際社会、各国の政府、およびDNA合成産業が取り組むべき課題が示されている。

The De Novo Synthesis of Horsepox Virus: Implications for Biosecurity and Recommendations for Preventing the Reemergence of Smallpox

Health Security Thursday, August 24, 2017

http://online.liebertpub.com/doi/full/10.1089/hs.2017.0061

Emergent Biosolutions社、バイオディフェンス関連事業への投資を拡大

Emergent Biosolutions社は、炭疽ワクチンBioThraxを供給する企業として知られている。同社は、天然痘ワクチンに関連する権利をSanofi社から9,750万ドルで買い取ることで合意した。その5日後、グラクソ・スミスクライン社から、吸入炭疽の治療に用いる抗体Raxibacumabに関連する権利を9,600万ドルで買い取っている。Emergent Biosolutions社は、生物兵器や感染症の脅威の高まりを受けて、バイオディフェンス関連事業への投資を拡大している。

Why a Biodefense Firm is Going on a Spending Spree

Washington Post Monday, July 21, 2017

https://www.washingtonpost.com/news/capital-business/wp/2017/07/21/why-a-biodefense-firm-is-going-on-a-spending-spree/?utm_term=.ac9903a8d3cb

カナダの研究グループ、天然痘と近縁のウイルスを合成

カナダの研究グループは、メールオーダーでDNA断片を注文して、天然痘と近縁のウイルスである馬痘(horse pox)ウイルスを人工的に合成した。その費用は、約10万ドルである。研究は正当な目的で行われたものであるが、敵意ある国家やテロ組織が、同じ方法で天然痘ウイルスを合成することが懸念されている。

Canadian group creates poxvirus, prompting dual-use discussion

CIDRAP Friday, July 7, 2017

http://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2017/07/canadian-group-creates-poxvirus-prompting-dual-use-discussion

 

How Canadian researchers reconstituted an extinct poxvirus for $100,000 using mail-order DNA

Science Thursday, July 6, 2017

http://www.sciencemag.org/news/2017/07/how-canadian-researchers-built-poxvirus-100000-using-mail-order-dna

北朝鮮の生物兵器について

現在、各国のメディアでは、北朝鮮の核兵器とミサイルについての話題が頻繁に取り上げられている。ハフポストの記事は、北朝鮮が、化学兵器、生物兵器およびナノ兵器(nanoweapons)を保有している可能性が高いと指摘している。記事によると、北朝鮮の生物兵器には、炭疽菌、天然痘およびコレラが含まれる。

North Korea’s Chemical Weapons, Biological Weapons, and Nanoweapons

Huff Post Tuesday, May 2, 2017

http://www.huffingtonpost.com/entry/north-koreas-chemical-weapons-biological-weapons_us_59055bfae4b05279d4edbcd4